岐阜女子旅30話 犬山 有楽苑

本日の女子旅は各務原のお隣、犬山市有楽苑です。

犬山市の名鉄犬山ホテル敷地内にある有楽苑という日本庭園。

とてもきれいな庭で、少し散策するにはちょうどいい広さです。

園内には織田信長の実弟である織田有楽斎が建てた如庵という茶室がありました
丁度ガイドさんが来てくれて、この茶室について少しだけですが説明をしていただけました。
説明によると、、、
如庵は、亭主床と呼ばれる茶室の形式だそうです。
亭主床は、茶を点てる亭主が上座である床の間の前に位置を取る形式で、とても地位の高い人の茶室の形式だそうです。亭主が座る位置の手前に細い柱があり、それより奥へは客人は入れず、柱が境界となっているそうです。
勉強になりました^^

有楽苑は、犬山城からもすぐです。
サクラテーブルからは、車で10分くらいです!

犬山城天守閣から見る位置関係は、こんな感じです

ぜひ、行ってみてください^^